いつの間にか周りは既婚者ばかり

30代になってくると、周りには既婚者が増えます。
結婚なんてまだまだ先のことと考えていたら、いつの間にかそんな歳に。
そろそろ結婚しようかなと考えても恋人なし。
そんな感じで婚活をしようと思いました。
婚活っていう言葉は、あまり好きではないんですよね。
自然に出会って、結婚するのが良いという美学があったので。
でも、そんなことは言ってられません。
そういているうちに時は流れて、後悔することに。
そのため、このままではいけないと思ったときに始めるべきだと思います。
最近は晩婚化しているからか、そこそこ歳を重ねた利用者も増えているようです。
そのため、あまり自分の歳に卑屈にならずに利用できます。
同じ境遇の人が多くいるので、モチベーションも保てます。
生涯未婚率が増えていますが、やはり結婚したいという人は多い。
婚活を続けていれば、きっと良い人と巡り合えるはずです。

最近よく聞くファクタリング

ファクタリングという言葉を最近ちょいちょい聞くので調べてみた。

ざっとした理解では、売掛金を買い取ってくれるような仕組みのようだ。と、なんとなく理解したところで似たような仕組みとして電子債権(でんさい)の割引や、手形の割引、といった似たようなものがあることを思い出す。簿記としての知識なので、そういうものがあるということを知っているだけで、実際に取り扱ったことはないのだが。

売掛の債権を通常に回収できるまえに現金に変える、という点ではだいたい同じのようだけれど、違いとしては手数料の率がいちばん大きいように思える。でんさいや手形の場合はだいたい金融機関で5%いくかいかないか、専門の業者でもだいたい15%いくか、という程度。ファクタリングについては安ければ1%だったり、高いものでは30%近いところもあるようだ。

でんさいや手形の場合、売掛債権として保証となるべきものがあるけれど、売掛金の場合は特に書面があるわけでもない(請求書はあまり保証にもならない)ので、審査をするにあたって幅があるということなんだろう。

出会いを成功させることは簡単ではない

男と女が出会い、そしてお互いにとって嬉しいものであるとき、つまり望んでいたような相手であるとき、それは嬉しさのあまり、笑顔だし、明らかにお互いが好意をもっているのが他の人から見てはっきりわかります。恋をしているなという雰囲気だし、ラブラブかもしれません。

とても良い雰囲気なので、デートが上手くいっていると思うことでしょう。そんな仲良く楽しいデートをするための出会いを求める男女は少なくありません。というのは、出会いがあっても、相手がいまひとつとか、どうも好きになれない、なんとなくテンションが上がらないということがあるからです。

片方が恋愛で盛り上がっても、相手がそうではないと、なんとなくギクシャクした感じになります。出会いというのは本当に難しく、出会うまでいっても、その先が上手くいかないことは少なくありません。いかにして盛り上げるのか、それは誠実さや会話のテクニックも関係してきます。

新たな情報ももらいました

私は、普段はタクシーを利用しないのですが、妊娠をきっかけにタクシーを利用するようになりました。
家から、産婦人科までの交通手段がタクシーしかなく、自宅まで来て貰い病院まで行きました。

私が、妊娠中と言うことがわかるので、タクシー乗務員の方が「今、何ヶ月ですか?」などと話しかけてくれて、話が出来て楽しかったです。

新しく今の家に引っ越しをしてきて、知り合いもいない状態だったので、タクシー乗務員の方が「あの病院は、入院中の食事が美味しいみたいですよ」などという情報をくれて楽しかったです。

やはり、地元のことを知っているタクシー乗務員の方達なので、タクシーを利用することで、地元の話が聞けるのは嬉しいなと思いました。

タクシーを普段利用することが無かったですし、自宅まで来て貰って乗ると言うことに慣れていなくて緊張したのですが、利用して良かったです。

出会いはときめくけれど難しい

男と女の出会いというのは、なんとなく気になる異性がいることから始まるものです。職場の別の部署にいる彼女がなんとなく気になる、少し話してみたけど楽しそうに会話してくれたとか、笑顔で応じてくれるなど、相手も自分のことを気に入ってくれてるのかなとそんな想像をしてくると、もっと一緒にいたい、今度はプライベートでも会ってみたい、そんな気持ちになるのです。

とはいえなかなかデートに誘うことができないと、自分がもどかしくなったり、相手が付き合っている人がいるということだと、自分が恥ずかしい思いをする、そんなネガティブなことを考えてしまい、数か月もなにもできないまま時だけが過ぎてしまうこともあるでしょう。男と女の出会いというのは本当に難しく、結局誘うことができないまま、自然消滅、あるいは始まらなかった恋となってしまうのです。出会いはときめくものですが、容易ではありません。

出会い系はいっぱいあっても、結婚を考えているなら!

単なる出会いを求めるのと、結婚相手との出会いを求めるのでは、実は動き方が違うと思います。

私は、合コンや友達の紹介などありましたが、結局その場で連絡先を交換しても、なんか違う相手だなと思ったりして結婚につながるものはなかなかありませんでした。
また、結婚という話題を出すのも少々緊張してしまうし、相手はどんな結婚を望んでいるかも一から聞いていかないといけません。

その一方で、結婚相談所や、結婚専用の出会い系アプリ・お見合いパーティに登録すると、より早く結婚に近づくことができました。
まず、お互いに結婚相手を求めているということが大きいです。そのために、自分に合った相手を探しているので、結婚はできないと判断されれば、関係を続ける必要はないでしょう。その分、どんどん自分に合う相手を探すことができます。
また、よい関係であれば「結婚しよう」となりやすいです。スピード婚などもよく聞きますが、やはりお互いに結婚を意識しているからこそ、実現されるものだと思います。

最近出会い系アプリなど、出会いを扱ったサービスは多いです。けれども、そのサービスは本当に結婚を意識した人が集まっているのか、という点は婚活においてとっても重要だと思います。婚活をしている人は、いるところにはたくさんいます。私は、婚活サイトで出会い、同棲し結婚しました。出会ってから10ヶ月で結婚しました。今は子供もいて充実した結婚生活です。

100年時代だから離婚、再婚もあり得る?

妄想癖があるのか、私は時々、バーチャルな世界にタイムスリップすることがあります。
40代後半、一通り 人として、女として世を渡ってきました。
現在は結婚十数年、一応、家族円満に暮らしています。
しかし最近、夫とは夜の営みもなく、どうしても男としてみることが出来ず、子供と接しているような状態です。
まさに夫婦としての倦怠期に突入です。
「このまま、この人と一生やっていけるのかしら?仮に夫がいなくなったら、私はもう一度、再婚というチャンスがあるのかもしれない」と、変な期待をしてしまうほど重症です。
『恋したいなぁ、あんな人と、こんな人と、』妄想はさらにエスカレートしていきます。
その時ふと、脳裏によぎったのは、大好きだった昔の彼でした。
『歳をとり、夫が居なくなって彼が現れたら、また好きになるかもしれない。その時、彼が独り身だったら再婚もあり得るかな?』
妄想からハッと目が覚め、現実の世界に引き戻されました。
結局、過去は過去、今は今。
【再婚】という二文字は、妄想だけに留めておきます。

タクシードライバーとして働くためには

最近、就職、転職を考えている人に注目が集まっているお仕事はタクシードライバーです。
一人前になれば、個人事業主として働くこともできることや、働いた分だけ稼げるというところも注目されているポイントです。
しかし、これまでタクシードライバーとして働いたことのない未経験者でもすぐに稼ぐことはできるのでしょうか。
そのためにはまず、第二種運転免許証を取得しなければなりません。
すでに第一種を取得して3年が経過している人は受験資格があるので、すぐに試験に臨むことができます。
第二種運転免許証を取得した後だからと言って、すぐにデビューすることになるわけではありません。
その地域の地理をある程度知っていなければ、デビューはまだまだ遠いです。
まずは地理感を養わなければなりません。
そして、タクシー会社に採用された際にはそれぞれの会社で行われている研修を受けなければなりません。
基本的な接客などを学んでからでなければ、デビューすることはできません。
様々なハードルをクリアしてからが、タクシードライバーとしての生活のスタートです。

真剣に出会いたい!ついにアプリを使うことを決意

最近、出会いがないと悩んでいます。
どうしたら素敵な人と出会えるのか。
周りの友人たちはどんどん結婚をしていき、遊んでくれる人も数少なくなってしまいました。
みんなもう結婚して子供をもうけている人も多いです。
正直そんな周りが羨ましい!
じゃあ、どこに出会いがあるのかなと考えてみたときに、アプリを使ってみることを思いつきました。
今まで出会い系のアプリや婚活系のアプリはなんとなく気が引けて使っていませんでした。
使ってみようかなと思った理由は、本気でこのまま独身だったらどうしようかなと思った部分が大きいですが、友人の中に婚活アプリで知り合って結婚まで進んだ人がいたからです。
調べてみると、いろいろと婚活系アプリも出会い系のアプリもあるようですね。
アプリによって利用している年齢も違うし、本気度も違うようですね。
上手く利用して、今年中に相手を見つけられたらいいなと思っています!

太陽光発電はメリット多し。

家を建てたら、太陽光発電にしようと思っていました。その理由は友人の家が太陽光発電だったのです。友人の話を聞いていたら、メリットの方が多かったので、私も家を建てたら、絶対に太陽光発電にしたいと思いました。

中には初期費用がかかると言う話しや、意外と元が取れないとか言う人もいましたが、実際に太陽光発電にしてみたら、我が家の場合はメリットばかりだった気がしています。
個人的にはエコの事には以前より人一倍興味がありましたが、実際に何が本当にエコなのか?と言う事は自分自身の中でも分かっていなかったと思いますが、太陽光発電にしてからは、エコに参加している気持ちが強くなりましたし、自然環境とかエコについて意識が高くなりました。
エコに興味をより持てる様になったと言う意味では、太陽光発電を取りいれた事は私の中では大成功だったと思います。
身近な人にも是非、エコや太陽光発電に興味を持って欲しいと思います。