iPhoneの画面修理をするならその前にデータのバックアップを取りましょう

落として液晶が割れるなどの理由で、iPhoneの画面を修理しなくてはいけない場合、

まずやるべきことはバックアップデータを作っておくことです。

 

ただ画面を入れ替えれば修理できる場合でも、

iPhoneの中身にまで手をつけられるケースがあるので、

そうなった場合に備えて、必ずバックアップを作ってから修理に出しましょう。

 

画面がバキバキに割れているなどして、動かすことができないなら、

バックアップデータを作るのは諦めるしかありませんが、

液晶にヒビが入っている程度なら、その画面を操作してデータを作ることは可能です。

ですので、液晶が割れていたとしても画面を操作することを諦めないようにしましょう。

 

ちなみに、iPhone画面修理をしてくれる業者は、公式の修理センターの他にも、

東京都の 町田市あたりにたくさんありますので、

町田市のiPhone画面割れ修理が必要なら、それらの業者に頼むといいでしょう。