就労ビザの取得で労働が可能に

外国の方が日本で労働による報酬を受け取るには就業ビザが必要となる為、ビザの申請が必要です ビザを取得する事で発行される在留カードは常に携帯する事が義務付けられています。

改正出入国管理法により、外国人労働者の受け入れが拡大される事となり、多くの外国人労働者が様々な業種で働く事が予想されますが、中でも期待されているのが「特定技能」という新しい在留資格が設けられた事です。

それまでは弁護士や医師等、高度な専門技術を有した技術者・資格者のみ限られていましたが、特定技能の新設によって、多くの業種で働く事が可能になりました。

例として介護や建築、農業等を始めとする分野で人材不足が深刻化している業種での活躍が求められています。

在留資格は最長で5年となっており、長期的な雇用が可能になる事で深刻な人材不足に一定の歯止めがかかる事が期待されています