100年時代だから離婚、再婚もあり得る?

妄想癖があるのか、私は時々、バーチャルな世界にタイムスリップすることがあります。
40代後半、一通り 人として、女として世を渡ってきました。
現在は結婚十数年、一応、家族円満に暮らしています。
しかし最近、夫とは夜の営みもなく、どうしても男としてみることが出来ず、子供と接しているような状態です。
まさに夫婦としての倦怠期に突入です。
「このまま、この人と一生やっていけるのかしら?仮に夫がいなくなったら、私はもう一度、再婚というチャンスがあるのかもしれない」と、変な期待をしてしまうほど重症です。
『恋したいなぁ、あんな人と、こんな人と、』妄想はさらにエスカレートしていきます。
その時ふと、脳裏によぎったのは、大好きだった昔の彼でした。
『歳をとり、夫が居なくなって彼が現れたら、また好きになるかもしれない。その時、彼が独り身だったら再婚もあり得るかな?』
妄想からハッと目が覚め、現実の世界に引き戻されました。
結局、過去は過去、今は今。
【再婚】という二文字は、妄想だけに留めておきます。

出産適齢期を考えた婚活

近年はアイドルだって結婚適齢期を過ぎても堂々としていますよね。昔は昔今は今。昔は結婚適齢期というものがあって、女性なら25歳になるまでにお嫁に行くことが良しとされていました。

25歳を過ぎても独身でいると「売れ残ったクリスマスケーキ」と言われたんですよ。25歳といえばまだまだ若くて働き盛りなのにこれはちょっとひどいですよね・・・。

でもそれも昔の話し。最近は30代独身女性が生き生きしていますよね。時代が変わったのです。25歳で売れ残りなんて言われた時代はもう過ぎ去ったのです。30代でキャリアを積んでいる女性はかっこいいです。そうなりたくても慣れない私から見たら憧れです。

だけど女性には出産適齢期がありますよね・・・。出産したいのなら遅くても30代のうちに婚活するのが良いでしょう。出産適齢期を考えて婚活するのもアリのような気がします。

タクシーの運転手なら私にもできるかな

転職を考えていた頃、もしかしたらタクシーの運転手がならできるんじゃないかと考えたことがあります。私は車の運転が好きで毎日のように運転しています。40代になると転職が難しくてやってみたい仕事は求人に応募すらできません。

年を取ると採用云々じゃ無く、そもそも求人条件に当てはまらないんですね・・・。40代でも応募できる職種は介護職とか飲食の仕事ばかり。私が敬遠している仕事ばかりだから外で働くことが難しいような気がします。

それでもタクシーの運転手なら私にもできるかな?とちょっと希望を持っているんですよ。運転が好きで毎日のように車を運転しているのに無事故無違反ゴールド免許です。運転には自信があるのでタクシーの運転手の求人が出ていて条件が良ければ応募するかもしれません。

女性ドライバーが増えているからそういうところも良いなと思います。

オンラインでの出会いが多い

出会いというのはオンライン上ですることが主流になりつつあり、多くの人はアプリやサイトでの出会いを楽しむようになってきました。お付き合いしたい彼女を探したい男性や、ただ単にデートがしたい人、あるいは出会うまでしなくても、なんとなくつながっていたいという気持ちから、チャットだけやる人もいます。

あるいは結婚相手を探す人たちもいることでしょう。そうしたニーズが多いことから、それを仕事にする女性たちも増えています。例えばチャットレディになる女性たちは、オンライン上で相手の男性と会話をするだけで、それを仕事にできるのですが、ちょっとした副業として人気があります。男性の話し相手になってあげて、男性が喜ぶような会話をすることで、お喋りトークが盛り上がると、あっという間に1時間ということになったりします。いろいろな形での出会いが確かにあります。

出会い系もありかもと思った瞬間

私の中でちゃんとしたお付き合いをする場合は激的な出会いや運命的な出会いをした後に、告白されたいと思うタイプでした。
なので、お見合いとか、人の紹介とかはありえないと思っていましたし、中でも出会い系とは私の中では特に無いかなと思っていました。

だけど、ここ半年で私の中の価値観が大きく変わることがあったのです。
ある日、魔が差して(笑)無料の出会い系のアプリに登録して遊んでいたのです。

結果から言うと、今、真剣交際をしている人は、そんな遊びで登録した出会い系のアプリで知り合った相手です。これこそまさに激的な?出会いだと思えましたし、何で今まで変な拘りを持って頑なに出会い系を利用しなかったのだろうと思う程です。
私の中で大きく出会い系アプリについての印象が変わった瞬間でもありました。自分の中の古い価値観や思い込みを消して行動した方が幸せに近づけるって事だと言う事も学びました。

出会い系アプリにサクラはいる?

出会い系アプリの中には、サクラが一定数いるといわれています。サクラを見分けるポイントは、プロフィールの中にあります。プロフィール画像でまるでモデルのようなきれいで可愛い写真を載せている場合、その画像はどこからか拾ってきた画像の可能性が高いです。

他の登録者を見てみるとよく分かりますが、いくら出会いを求めていてもはっきりと顔が分かるような画像を使うというのは女性ではあまり見かけません。ぼんやりとした、どんな雰囲気か分かる程度の画像しか載せないものなのです。

サクラかどうか迷ったならプロフィール画像を見てみるのが一番分かりやすいです。またプロフィール文章が少しセクシーな内容の人も要注意です。中には他のサイトに誘導しようという悪意のある登録者もいます。こういったサクラの見分け方を知っておくと、無駄な時間とお金を浪費せずに出会えるチャンスも巡ってくるものです。

皮膚科の保険診療と健康保険の財源圧迫について

日本では国民皆保険制度が導入されており、就労者の多くは診療に対して健康保険により3割を自己負担し、残りの7割は国民健康保険・社会保険により負担されています。

こうした中、整体や接骨院、漢方外来等においては、例えば「なんとなく肩が痛い」や「気分が優れない時がある」などの症状について医学的な根拠がない場合でも、保険診療を行うことで健康保険が利用されることで、社会保険の財源が圧迫される原因となりうることがあります。

また、皮膚科についても同様で、ニキビ等のデキモノができたことに対する美容的な目的で本来利用されるべきかグレーな保険診療が利用される場合があるため、健康保険の財源圧迫につながる可能性がある一方、皮膚ガン等の重大な病気の予防や早期発見につながることもあるため、定期的に診察を受けることも重要ではあります。

つまりニキビでも保険適用で皮膚科を受診することは問題ありませんのでご安心下さい。

こうした問題に対する対策を厚生労働省等の政府機関が主導して講じていく必要があると考えています。

わかりやすい説明をしてくれる泌尿器科が人気

病院を受診した時に、その説明についてさっぱりわからなかったと思うことがありませんか?医師としては、自分がわかっているので簡単に説明をすることもあります。その時、質問をしたいと思っても、どんなことを質問をしたらいいのかさえ、わからないこともあるのです。特に専門用語を使われてしまうと、さっぱりわからないことも多いのではないでしょうか。

特に泌尿器科の場合は、自分がどんな検査をするのか、どんな治療をするのかなど詳細を知りたいと思いますね。

自分が知らないことが多いのでその時に、わかりやすい説明を望みます。その場合、とてもわかりやすく説明をしてくれる泌尿器科があります。その泌尿器科は、やっぱりとても人気なんですね。

泌尿器科の場合は性病などに感染している可能性のある症状もあるので、やはり患者側としては心配ごとも多いです。その点で言えば、新宿の泌尿器科だと検査結果はネットで確認することもできてなかなか便利です。

もちろん後日受診することで医師からも具体的に説明してもらえます。

写真や絵を用いて、どんな状態なのかわかりやすく説明をしてもらうことができるので、とても理解しやすいです。

お金持ちの象徴専属運転手

属運転手を雇っているなんて、どう考えてもお金持ちですよね。正直ハイヤーを呼んだほうが安上がりだと思うのですが、常に乗り慣れた自家用車に乗って心の底からリラックスしたいと考えるのが、真のお金持ちなのかもしれません。

そんなお金持ちの専属運転手を、身内が10年ほど経験していました。ここ2、3年で会社方針の変更や経費の節約が厳しくなり、専属運転手を雇うという人も少なくなったそうなので、不景気不景気とは言っても、10数年前は、今よりはまだ緩かったのかもしれません。専属運転手の良い点は、タクシーのようにお客さんを拾うために街を流したりしなくて良いですし、お客さんがいなくて赤字になるとかお給料が減るといった心配がありません。しかし、専属運転手を雇うような人は概して人の好き嫌いが激しく、好待遇の専属運転手でも回転が速いことも多いそうです。運転技術よりも対人スキルが求められる特殊な職業ともいえるようです。

気がつけば40歳仕事充実でも焦る結婚

大学を卒業し大手家電メーカーに入社し18年が経過しました。役職も地位も獲られ順調な出生街道を走っている私です。。仕事に情熱を傾け、会社での人間関係軸にこの間を過ごしました。
気が着けば、役職は課長となり、年収もそれなりに安定し、部下からも慕われる生活を過ごしております。そんな最中、29歳になる部下から結婚するので式に参加してほしい依頼がありました。また、同期入社の同僚もこの時期に結婚するとの案内があり久しぶりに結婚できる人を羨ましく思っております。
入社してから部署に配属され、企画しては社内説得、プレゼンの毎日を送ってきました。土日も会社に出勤し残務整理をしながら会社の利益貢献を優先に生活するのが日課となっております。
休みを取ったしても、会社仲間や取引先とのゴルフ、温泉旅行等が主で特に自分の時間を使う時間は余り作っていなかった様な気がしてなりません。
結婚適齢は高齢化してると聞くが、同僚や後輩の多くは既に家族を持ち、仕事と家庭と両立した人生を送っている様にも見えるが、私は今まで何をしていたのだろうと焦り最近出てきました。
会社、取引先からも結婚の相手を紹介されたり、同僚、後輩からコンパに誘われたりしたことも有るが、会社生活に軸を置いたためか、その場で女性と盛り上がっても次への行動が踏み出せず、完全に出会いから遠さかってしまった自分に後悔が生まれております。
婚活と言う言葉も耳にするが、どうして良いのかわりません。。それを考えないでいられるように仕事に打込む毎日であります。40歳になると容姿や自分への自身も薄れまた、女性に対して好奇心も減ってきているようにも思えます。 完全な負のスパイラルが起きているみたいです。
でも、一度の人生であり、両親共に健在なうちに嫁を連れて見せたい気持ちも最近は出てきた。できることなら孫も見せてやりたい、そう考えることが最近良くあります。
既にマンションも購入し一人で3LDKに住んでいるが生活感がまったくないです。掃除、洗濯、炊事も自分でこなし、住居はこまめにしているが、やはり男一人となると寂しさを感じる事も多くなりました。
婚活してみよう、出会いたいと脳では考えるがどうしたら良いのかわかりません。時代の流れなのか、お見合いや縁談の話も最近は聞かなくなりました。 今は誰か何か紹介して欲しい気持ちもあり、その話がきたら恐らく飛びつくことになるであろうと思います。
婚活、どうしたら良いのでしょうか。どこで女性と出会えるのか分からないです。仕事優先に体に染み付いたものを崩して女性と出会えることができるのか不安だらけです。
真面目すぎる性格と女性の扱いに慣れていない点でも自己嫌悪に陥っていて、これも何かを替えなければならないと思っているが仕事に逃げてしまうのでは無いかと考えてしまいます。
誰か、お願いします。私に効率的な婚活を教えて下さい。いや、効率的でなくてもいいです、出会え結婚を前提に女性と出会うにはどうしたら良いか教えて下さい。今、心からのお願いとなります。