名古屋の整体で元気を取り戻す

一言で整体といっても、いろいろな施術があります。例えば全身整体と言われるものは、全身の歪みを調整するためのものですし、スポーツ整体と呼ばれるものは、主に激しい運動をすることによる痛みとか、歪みを改善し、怪我への対処や怪我をしにくい体を作ることに寄与します。

その他骨盤矯正や、カイロ、指圧やあん摩マッサージ、姿勢矯正などもあります。体が重たい、痛い、不調を感じる、肩や首、腕や足がだるいなど、人によって症状も様々で、それにより整体の中でどのジャンルの矯正を受けるべきかどうかを見極めていくことが必要になります。

名古屋の整体院は、その点で、カウンセリングをしながら、どの方法が最善かを提案してくれます。自分に合った整体方法を見つけることができ、それが体の不調からの脱出の機会となるでしょう。整体 名古屋で元気を取り戻すことができます。

就労ビザの取得で労働が可能に

外国の方が日本で労働による報酬を受け取るには就業ビザが必要となる為、ビザの申請が必要です ビザを取得する事で発行される在留カードは常に携帯する事が義務付けられています。

改正出入国管理法により、外国人労働者の受け入れが拡大される事となり、多くの外国人労働者が様々な業種で働く事が予想されますが、中でも期待されているのが「特定技能」という新しい在留資格が設けられた事です。

それまでは弁護士や医師等、高度な専門技術を有した技術者・資格者のみ限られていましたが、特定技能の新設によって、多くの業種で働く事が可能になりました。

例として介護や建築、農業等を始めとする分野で人材不足が深刻化している業種での活躍が求められています。

在留資格は最長で5年となっており、長期的な雇用が可能になる事で深刻な人材不足に一定の歯止めがかかる事が期待されています

卒業記念に仲良し5人と

大学の卒業記念に仲良しの友人5人とみんなで韓国旅行に行ったのを覚えています。空港待ち合わせで、1人がパスポートがないと大騒ぎし、結局はみつかったのですが今となっては笑い話です。

到着後、明洞にいってコスメをみたり、ホットクという食べ物を食べたりしました。夜はやっぱり肉ということでサムギョプサルを食べました。やっぱり本場なだけあってお肉も分厚くておいしく、キムチも日本で食べている味とは違う味でした。夜はホテルでトッポキを食べながらしゃべりつくしました。

次の日は東大門という洋服が沢山売っている場所で洋服を沢山買いました。なかやかみないデザインの洋服がかわいくてみているだけであっというまに時間がたってしまいました。本当に楽しい旅行でした。

当時買ったお土産なども卒業記念品として今も大切にしています。今はそれぞれ社会人になり、なかなか旅行もいけなくなってしまったので行けてよかったなと思います。

祖母が残してくれた着物

私の幼い頃の記憶の中にいる祖母は、外出時はいつも着物。きれいな女性。戦争未亡人となり、女手一つで母を育て、色々と苦労もあっただろうにそんな話は一切せず、ただただ私を可愛がってくれました。。

私にも加賀友禅の着物を一枚作ってくれたけど、その時は正直ワンピースとかバックとかアクセサリーでも買ってもらったほうが良かったと思ったものです。若かった私には価値が良くわからなかったのです。

祖母が亡くなり、形見分けの際に、私には価値はよくわからないけれど、母や大叔母が、数は少ないけれそ質の良いものばかりだと話していました。

色や柄は地味なものばかりだが、質の良いものだというところがいかにも祖母らしい。きっとつましい生活を送りながら一生懸命お金をためて買い揃えたのだろうと思います。

きっとおしゃれな女性だったのでしょう。ただ時代や境遇がそれを許さなかったのだと思うと淋しい気がします。

そう言えばもう20年近く祖母の着物姿は見る機会がなかったけれど、今頃はあちらで着ているのでしょうか。遺品整理も終わって願わくば若くして死に別れた祖父と再会し、着物姿でデートなど楽しんでいて欲しいと思います。

最近よく聞くファクタリング

ファクタリングという言葉を最近ちょいちょい聞くので調べてみた。

ざっとした理解では、売掛金を買い取ってくれるような仕組みのようだ。と、なんとなく理解したところで似たような仕組みとして電子債権(でんさい)の割引や、手形の割引、といった似たようなものがあることを思い出す。簿記としての知識なので、そういうものがあるということを知っているだけで、実際に取り扱ったことはないのだが。

売掛の債権を通常に回収できるまえに現金に変える、という点ではだいたい同じのようだけれど、違いとしては手数料の率がいちばん大きいように思える。でんさいや手形の場合はだいたい金融機関で5%いくかいかないか、専門の業者でもだいたい15%いくか、という程度。ファクタリングについては安ければ1%だったり、高いものでは30%近いところもあるようだ。

でんさいや手形の場合、売掛債権として保証となるべきものがあるけれど、売掛金の場合は特に書面があるわけでもない(請求書はあまり保証にもならない)ので、審査をするにあたって幅があるということなんだろう。

出会いを成功させることは簡単ではない

男と女が出会い、そしてお互いにとって嬉しいものであるとき、つまり望んでいたような相手であるとき、それは嬉しさのあまり、笑顔だし、明らかにお互いが好意をもっているのが他の人から見てはっきりわかります。恋をしているなという雰囲気だし、ラブラブかもしれません。

とても良い雰囲気なので、デートが上手くいっていると思うことでしょう。そんな仲良く楽しいデートをするための出会いを求める男女は少なくありません。というのは、出会いがあっても、相手がいまひとつとか、どうも好きになれない、なんとなくテンションが上がらないということがあるからです。

片方が恋愛で盛り上がっても、相手がそうではないと、なんとなくギクシャクした感じになります。出会いというのは本当に難しく、出会うまでいっても、その先が上手くいかないことは少なくありません。いかにして盛り上げるのか、それは誠実さや会話のテクニックも関係してきます。

出会いはときめくけれど難しい

男と女の出会いというのは、なんとなく気になる異性がいることから始まるものです。職場の別の部署にいる彼女がなんとなく気になる、少し話してみたけど楽しそうに会話してくれたとか、笑顔で応じてくれるなど、相手も自分のことを気に入ってくれてるのかなとそんな想像をしてくると、もっと一緒にいたい、今度はプライベートでも会ってみたい、そんな気持ちになるのです。

とはいえなかなかデートに誘うことができないと、自分がもどかしくなったり、相手が付き合っている人がいるということだと、自分が恥ずかしい思いをする、そんなネガティブなことを考えてしまい、数か月もなにもできないまま時だけが過ぎてしまうこともあるでしょう。男と女の出会いというのは本当に難しく、結局誘うことができないまま、自然消滅、あるいは始まらなかった恋となってしまうのです。出会いはときめくものですが、容易ではありません。

出会い系はいっぱいあっても、結婚を考えているなら!

単なる出会いを求めるのと、結婚相手との出会いを求めるのでは、実は動き方が違うと思います。

私は、合コンや友達の紹介などありましたが、結局その場で連絡先を交換しても、なんか違う相手だなと思ったりして結婚につながるものはなかなかありませんでした。
また、結婚という話題を出すのも少々緊張してしまうし、相手はどんな結婚を望んでいるかも一から聞いていかないといけません。

その一方で、結婚相談所や、結婚専用の出会い系アプリ・お見合いパーティに登録すると、より早く結婚に近づくことができました。
まず、お互いに結婚相手を求めているということが大きいです。そのために、自分に合った相手を探しているので、結婚はできないと判断されれば、関係を続ける必要はないでしょう。その分、どんどん自分に合う相手を探すことができます。
また、よい関係であれば「結婚しよう」となりやすいです。スピード婚などもよく聞きますが、やはりお互いに結婚を意識しているからこそ、実現されるものだと思います。

最近出会い系アプリなど、出会いを扱ったサービスは多いです。けれども、そのサービスは本当に結婚を意識した人が集まっているのか、という点は婚活においてとっても重要だと思います。婚活をしている人は、いるところにはたくさんいます。私は、婚活サイトで出会い、同棲し結婚しました。出会ってから10ヶ月で結婚しました。今は子供もいて充実した結婚生活です。

100年時代だから離婚、再婚もあり得る?

妄想癖があるのか、私は時々、バーチャルな世界にタイムスリップすることがあります。
40代後半、一通り 人として、女として世を渡ってきました。
現在は結婚十数年、一応、家族円満に暮らしています。
しかし最近、夫とは夜の営みもなく、どうしても男としてみることが出来ず、子供と接しているような状態です。
まさに夫婦としての倦怠期に突入です。
「このまま、この人と一生やっていけるのかしら?仮に夫がいなくなったら、私はもう一度、再婚というチャンスがあるのかもしれない」と、変な期待をしてしまうほど重症です。
『恋したいなぁ、あんな人と、こんな人と、』妄想はさらにエスカレートしていきます。
その時ふと、脳裏によぎったのは、大好きだった昔の彼でした。
『歳をとり、夫が居なくなって彼が現れたら、また好きになるかもしれない。その時、彼が独り身だったら再婚もあり得るかな?』
妄想からハッと目が覚め、現実の世界に引き戻されました。
結局、過去は過去、今は今。
【再婚】という二文字は、妄想だけに留めておきます。

出産適齢期を考えた婚活

近年はアイドルだって結婚適齢期を過ぎても堂々としていますよね。昔は昔今は今。昔は結婚適齢期というものがあって、女性なら25歳になるまでにお嫁に行くことが良しとされていました。

25歳を過ぎても独身でいると「売れ残ったクリスマスケーキ」と言われたんですよ。25歳といえばまだまだ若くて働き盛りなのにこれはちょっとひどいですよね・・・。

でもそれも昔の話し。最近は30代独身女性が生き生きしていますよね。時代が変わったのです。25歳で売れ残りなんて言われた時代はもう過ぎ去ったのです。30代でキャリアを積んでいる女性はかっこいいです。そうなりたくても慣れない私から見たら憧れです。

だけど女性には出産適齢期がありますよね・・・。出産したいのなら遅くても30代のうちに婚活するのが良いでしょう。出産適齢期を考えて婚活するのもアリのような気がします。