やる気次第では高収入

求人募集の記事をみているとふと目に止まったのがこの見出しです。仕事の合間に転職活動をしているのですが、タクシードライバーの求人広告にふと目が止まりました。自分は運転をするのが好きであり、人と接するのが好きな性格です。尚且つ自分のハートを掴んだのがこの歩合制という言葉でした。頑張れば頑張った分だけ給料が上がる。研修制度も万全だし、福利厚生も申し分ありません。保険制度も整っていますし、これはチャンスだと思いました。今の造園業の仕事は、まともに給料も支払われずに保険関係も入れて貰えず泣き寝入り状態です。そんな中偶然に見つけたこの求人に、夢と希望と生き甲斐を感じました。早速この求人に応募しました。履歴書と、職務経歴書を準備して、投函。面接まで行けるのか、はたまた、書類選考で落とされないかとか、今は緊張の時です。もし、タクシードライバーの転職が叶ったならば、夢を乗せて走りたいと思います。

タクシー運転手への転職

タクシードライバーへの転職を考える場合にいろいろな課題や検討すべきことがあると思います。まずは個人タクシーで生きていくのかどこかのタクシー会社に所属して生きていくのかと言うポイントです。もちろんサラリーマンとしてはタクシー会社に所属した方が良いと思いますがそうでなくても給料が低い分タクシー会社に上前をはねられるのは厳しいなと感じてしまいます。そして、タクシーの運転手も年齢とともに長く続けることが難しくなってくるので自分自身の健康とにらめっこしながら考える必要があると思います。今は70歳まで働く時代になっていますので自分自身の体力がなければタクシーの運転手は難しいなと考えてしまうわけです。もちろん、家族の了解も得られなければ不規則な生活が続くので非常に難しいと言えるでしょう。それでも車の運転が好きであれば考えてみるのも良いかもしれません。

タクシー運転手の方が気が楽かもしれない

この前友達と会って話していたとき、仕事の話になりました。今は接客業、元々苦手だそうです。元々人見知りの性格で人と関わらること自体あまり好きではないそうですが、高校卒業後に何となく地元のドラッグストアに就職して、今に至るそうです。そしてこの前転職しようと色々考えていたときにタクシーの求人が目に入ったそうです。タクシー運転手はお客さんと会話をすることはあるかもしれませんがずっと喋りっぱなしでなくても良いですし、とにかく一番大事なことは目的地までお客さんを届けてあげること、それだけです。人間関係のストレスもあまりないみたいです、とくに同僚や先輩などの関係に関しては。しかも割と時間の自由も効きます。友達はタクシー運転手になるかもしれません。色々と資格をとるために費用がかかるそうですが、ある程度はタクシー会社が負担してくれるみたいですから。

就職に関して思うこと

私は学生時代に就職活動を行って、そこで就職が決まれば、その後はもう転職活動はしなくて良いと思っていました。
しかし、実際はその後、何度も転職活動を行いました

人生は思うようには行かないものですが、就職に関しても同じだと思います。
私は何度も転職活動をした分、時間と労力の無駄使いをしてしまったような気がします。

ですが、その経験がなければ、自分が本当にやりたかった仕事を探したり、就くことはできなかったと思います。

世の中にはまったく就職活動をしない人もいますし、学生時代に内定した会社に定年まで勤め上げる人もいます。
世間的にはそういう人の方が、仕事に対して安定しているように思えます。

女性の方が結婚や出産などを機に、退職や転職をせざるを得ない人もいます。
ですが、今後はせっかくのキャリアを無駄にしないためにも、結婚や出産を経ても転職をしないで済むように、女性が働きやすい世の中になることを希望します。

ハイヤーを使うのにいくらかかるのか調べてみました

お金持ちや有名人が使うイメージのあるハイヤーですが、利用するといくらくらいかかるのか?
ハイヤーを扱う会社のホームページを見て調べてみました。
料金は会社ごと、また利用する車種によっても異なりますが、おおむね2時間20000円からで使用ができるようです。
基本的には法人が契約をした上で使用するケースが非常に多いですが、個人がスポット利用できる場合もあるようです。
タクシーでも2時間も乗車すれば、2万円程度かかってもおかしくないと思うので、思っていたよりはリーズナブルだと感じる方っも多いのではないでしょうか。
ただし、ハイヤーとは「一時的に運転手さんを雇うことに対して料金を払う」仕組みなので、タクシーのように自分が実際に乗車している間だけの分を払うのではなく、車が営業所を出てから回送で営業所へ戻るまでの時間が料金に加算されるのだそうです。

タクシードライバーに必要なスキル

タクシードライバーはお客様と一期一会のことが多く、求められるスキルもなかなか明確になっていません。では具体的にどのようなスキルが必要か考えてみたいと思います。まずはなんといってもお客様を快適に運ぶ運転の技術だと思います。不快にさせるような運転ではお客様からクレームを受けてしまいひいては所属するタクシー会社からもマイナスの査定を受けてしまいます。もちろん個人タクシーであれば問題ないと思いますが結局は自分自身に跳ね返ってくるものです。
リピーターを求めるのは難しいかもしれませんがお客様との円滑なコミニケーションをとることができるかも大きなポイントでしょう。
実際に、自分自身のテリトリーの中でどのような飲食店があったり、見所ポイントがあるかを知っているかどうかでお客様を運ぶ距離も変わってくることがあります。それだけにアンテナを高くして地域の情報を幅広く捉え、コミニケーションが取れる体制を作るのが重要です。

最近よく聞くファクタリング

ファクタリングという言葉を最近ちょいちょい聞くので調べてみた。

ざっとした理解では、売掛金を買い取ってくれるような仕組みのようだ。と、なんとなく理解したところで似たような仕組みとして電子債権(でんさい)の割引や、手形の割引、といった似たようなものがあることを思い出す。簿記としての知識なので、そういうものがあるということを知っているだけで、実際に取り扱ったことはないのだが。

売掛の債権を通常に回収できるまえに現金に変える、という点ではだいたい同じのようだけれど、違いとしては手数料の率がいちばん大きいように思える。でんさいや手形の場合はだいたい金融機関で5%いくかいかないか、専門の業者でもだいたい15%いくか、という程度。ファクタリングについては安ければ1%だったり、高いものでは30%近いところもあるようだ。

でんさいや手形の場合、売掛債権として保証となるべきものがあるけれど、売掛金の場合は特に書面があるわけでもない(請求書はあまり保証にもならない)ので、審査をするにあたって幅があるということなんだろう。

タクシードライバーとして働くためには

最近、就職、転職を考えている人に注目が集まっているお仕事はタクシードライバーです。
一人前になれば、個人事業主として働くこともできることや、働いた分だけ稼げるというところも注目されているポイントです。
しかし、これまでタクシードライバーとして働いたことのない未経験者でもすぐに稼ぐことはできるのでしょうか。
そのためにはまず、第二種運転免許証を取得しなければなりません。
すでに第一種を取得して3年が経過している人は受験資格があるので、すぐに試験に臨むことができます。
第二種運転免許証を取得した後だからと言って、すぐにデビューすることになるわけではありません。
その地域の地理をある程度知っていなければ、デビューはまだまだ遠いです。
まずは地理感を養わなければなりません。
そして、タクシー会社に採用された際にはそれぞれの会社で行われている研修を受けなければなりません。
基本的な接客などを学んでからでなければ、デビューすることはできません。
様々なハードルをクリアしてからが、タクシードライバーとしての生活のスタートです。

不動産売却について勉強しました

不動産というのは、それを持っていることによりいいなと思う部分と早く手放したほうがいいのではと思う部分がありました。そこで、そのまま自分のものとして維持するよりも、早く処理をすることがいいと思うようになったのです。
しかし全く不動産について知識がないので、色々と調べることにしたのです。一番は、やっぱりどこの不動産屋がいいかということですね。インターネットで検索をして、一応地元の不動産屋について調べることにしたのです。
しかしそれだけでは不十分です。そのことから、その後の色々と不動産売却をする手段や方法についても一応調べることにしました。全く知識がありませんでしたが少し調べることにより、地元のどこの不動産屋がいいとか、そんなことについて知ることができたのでとても良かったと思っています。その一つの不動産屋で話を勧めることにしています。

利用するなら銀行系カードローンがいいです

世の中には消費者金融や銀行系カードローン(http://www.dagaramusic.com)などがあって、お金を借りることができるようになっています。消費者金融と銀行系カードローンなどの違いは、消費者金融が年収の3分の1しか借りられないのに対して、銀行系カードローンだと、仕事をしていない専業主婦でもお金を借りることができるのです。ある一定の金額以下だったら収入証明書も出さなくて済むので、家族に内緒で借りることもできるのです。

お金を借りる時には審査に通るかどうかが非常に不安なものです。パソコンやスマートフォンなどから手続きができて、即日融資も受けられるので、お金が必要な時には借りることがでいるところがあると心強いものです。

お金を借りる時には計画的に借りる必要があります。無理な借金はしないほうがいいので、自分の収入にあった借り出しをするようにしたほうがいいです。