iPhoneの画面修理をするならその前にデータのバックアップを取りましょう

落として液晶が割れるなどの理由で、iPhoneの画面を修理しなくてはいけない場合、

まずやるべきことはバックアップデータを作っておくことです。

 

ただ画面を入れ替えれば修理できる場合でも、

iPhoneの中身にまで手をつけられるケースがあるので、

そうなった場合に備えて、必ずバックアップを作ってから修理に出しましょう。

 

画面がバキバキに割れているなどして、動かすことができないなら、

バックアップデータを作るのは諦めるしかありませんが、

液晶にヒビが入っている程度なら、その画面を操作してデータを作ることは可能です。

ですので、液晶が割れていたとしても画面を操作することを諦めないようにしましょう。

 

ちなみに、iPhone画面修理をしてくれる業者は、公式の修理センターの他にも、

東京都の 町田市あたりにたくさんありますので、

町田市のiPhone画面割れ修理が必要なら、それらの業者に頼むといいでしょう。

ふるさと納税をやってみました

ふるさと納税という言葉を耳にしてから、ずっと気になっていましたが、自分が仕事をしていると、毎年いつの間にかふるさと納税期限が過ぎて、見送っていました。

専業主婦になり、去年、初めてふるさと納税をしてみました。

インターネットを通しての申し込みは簡単で、返礼品を選ぶ楽しみもありました。

実質負担2000円で返礼品を楽しめて、なおかつ所縁のある都市や思い入れのある都市に寄付できるのは、とっても素敵な制度だと思います。確定申告を選んだので、多少の手間はかかりましたが、所得税の還付と翌年6月からの住民税の減税を受けました。

寄付先が5つまでで、利用できるワンストップ制度を利用すると、もっと手間は省けるようです。

寄付したい県や、市町村がある方や、楽しみたい返礼品に価値を見られる方には、とても良い制度だと実感しました。

寄付する先によって、その年の申し込みになるか、翌年になるかの期限が変わってきますので、その年の申し込みはいつまでなのか、しっかり確認することが重要です。期限いつまで いつまで いつまで