お金持ちの象徴専属運転手

属運転手を雇っているなんて、どう考えてもお金持ちですよね。正直ハイヤーを呼んだほうが安上がりだと思うのですが、常に乗り慣れた自家用車に乗って心の底からリラックスしたいと考えるのが、真のお金持ちなのかもしれません。

そんなお金持ちの専属運転手を、身内が10年ほど経験していました。ここ2、3年で会社方針の変更や経費の節約が厳しくなり、専属運転手を雇うという人も少なくなったそうなので、不景気不景気とは言っても、10数年前は、今よりはまだ緩かったのかもしれません。専属運転手の良い点は、タクシーのようにお客さんを拾うために街を流したりしなくて良いですし、お客さんがいなくて赤字になるとかお給料が減るといった心配がありません。しかし、専属運転手を雇うような人は概して人の好き嫌いが激しく、好待遇の専属運転手でも回転が速いことも多いそうです。運転技術よりも対人スキルが求められる特殊な職業ともいえるようです。

気がつけば40歳仕事充実でも焦る結婚

大学を卒業し大手家電メーカーに入社し18年が経過しました。役職も地位も獲られ順調な出生街道を走っている私です。。仕事に情熱を傾け、会社での人間関係軸にこの間を過ごしました。
気が着けば、役職は課長となり、年収もそれなりに安定し、部下からも慕われる生活を過ごしております。そんな最中、29歳になる部下から結婚するので式に参加してほしい依頼がありました。また、同期入社の同僚もこの時期に結婚するとの案内があり久しぶりに結婚できる人を羨ましく思っております。
入社してから部署に配属され、企画しては社内説得、プレゼンの毎日を送ってきました。土日も会社に出勤し残務整理をしながら会社の利益貢献を優先に生活するのが日課となっております。
休みを取ったしても、会社仲間や取引先とのゴルフ、温泉旅行等が主で特に自分の時間を使う時間は余り作っていなかった様な気がしてなりません。
結婚適齢は高齢化してると聞くが、同僚や後輩の多くは既に家族を持ち、仕事と家庭と両立した人生を送っている様にも見えるが、私は今まで何をしていたのだろうと焦り最近出てきました。
会社、取引先からも結婚の相手を紹介されたり、同僚、後輩からコンパに誘われたりしたことも有るが、会社生活に軸を置いたためか、その場で女性と盛り上がっても次への行動が踏み出せず、完全に出会いから遠さかってしまった自分に後悔が生まれております。
婚活と言う言葉も耳にするが、どうして良いのかわりません。。それを考えないでいられるように仕事に打込む毎日であります。40歳になると容姿や自分への自身も薄れまた、女性に対して好奇心も減ってきているようにも思えます。 完全な負のスパイラルが起きているみたいです。
でも、一度の人生であり、両親共に健在なうちに嫁を連れて見せたい気持ちも最近は出てきた。できることなら孫も見せてやりたい、そう考えることが最近良くあります。
既にマンションも購入し一人で3LDKに住んでいるが生活感がまったくないです。掃除、洗濯、炊事も自分でこなし、住居はこまめにしているが、やはり男一人となると寂しさを感じる事も多くなりました。
婚活してみよう、出会いたいと脳では考えるがどうしたら良いのかわかりません。時代の流れなのか、お見合いや縁談の話も最近は聞かなくなりました。 今は誰か何か紹介して欲しい気持ちもあり、その話がきたら恐らく飛びつくことになるであろうと思います。
婚活、どうしたら良いのでしょうか。どこで女性と出会えるのか分からないです。仕事優先に体に染み付いたものを崩して女性と出会えることができるのか不安だらけです。
真面目すぎる性格と女性の扱いに慣れていない点でも自己嫌悪に陥っていて、これも何かを替えなければならないと思っているが仕事に逃げてしまうのでは無いかと考えてしまいます。
誰か、お願いします。私に効率的な婚活を教えて下さい。いや、効率的でなくてもいいです、出会え結婚を前提に女性と出会うにはどうしたら良いか教えて下さい。今、心からのお願いとなります。